読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻の黒い画面への憧れについて

【その2】妻・夫を愛してるITエンジニア Advent Calendar 2016 の7日目の記事です。


@shimpeiwsです。

元同僚の@koudaiiiさんの3日目の記事に、これはうちも書かねばと触発されたので、
放置しっぱなしのブログの埃を払って書きに来ました。

結婚して5年経ちました

我が家は、Webエンジニアの僕、事務員兼秘書のような仕事をする妻、そして1歳半になった娘の3人暮らしです。
早いもので結婚して5年がたちました。
我が家の日常でちょっとエンジニアっぽくて、楽しげな部分をご紹介したいと思います。

妻の黒い画面への憧れ

Webエンジニアという仕事がら、いわゆる黒い画面を開いて作業することが多々あります。
そして、これもまたウェブエンジニアという仕事がら、家でも仕事をすることがあったり、趣味のコードを書いたりすることがあります。

食卓でPCを開いて黒い画面を広げていると、たまに妻が寄ってきます。
「なに、その色がついたのがふぁーって出てくるの、やりたい!」

そうかー、と思って"llって打つといい"とか、"上キー押してエンター押すと良い"、と教えるのですが、

「もっといろんなの出したい」

と言って不満げで、未だに妻は満足していないようです。

妻が打てるくらい簡単で、それっぽい出力が得られるコマンドがあれば、ぜひ教えていただきたいです。

技術用語知ったかぶりコント

これもWebエンジニアという仕事柄、日常的にプログラミング系の技術書や、WEB+DB PRESSなどの雑誌を読みます。
自宅のソファーなどで本を読んでいると、

「ああ、Elixirね、私も前から注目してた」

と知ったかぶって妻が話しかけてくることがあります。

我が家でたまに発生する定例のコントのようなもので、
また来たか、と思い、それらしい会話を続けますが、
技術を理解しているわけではないので、あまり続きません。

ただ端々で私が話すキーワードを覚えていて、次の会話では進歩して帰ってきます。

「ああ、Elixirね、並列性ね、関数型ね。前ちょっと使ってたことがある。」 という具合です。

妻にとっては全くの不要な知識のはずなので、無駄な努力です。
特にオチもない会話なのですが、そんなやりとりが僕は妙に気に入っていて、
また妻がしかける技術用語知ったかぶりコントにのってしまうのです。

娘とエスケープキー

一歳半になった娘も最近PCに興味津々です。
僕がPCを触っているとニコニコしながら寄ってきて、エスケープキーをバシバシと叩いて満足気に帰っていきます。

今は一日中覚えたての「あんぱんまーん」を連呼していますが、
来年のクリスマスあたりにルビィの冒険をプレゼントすれば、
Ruby3.0が出る頃には二人で並んでコードが書けるようになることでしょう。


先週までデスマーチの只中に置かれてなかなか家にも帰れず、家事や育児の負担と心配をかけた妻に向けて、
いつもの毎日にとても満足しているんだよ、と感謝の気持ちを示したくて書きました。

どうか、これからもよろしく。